スレート屋根塗装

スレート屋根塗装


南道路の建物では白く日焼けして変色。
北道路の建物では緑の藻が目立つ。

街を歩いていると、こんな建物が目立ちませんか。

カラーベストやコロニアルと呼ばれる屋根材は
軽量で扱いやすく、しかも安価。
一時期、多くの建物が採用しました。

初期の品物は、色あせが早く、
美観的に、早めの塗装が必要でした。

最近のカラーベスト(スレート)は、耐久性を高めていますが、
やはり、瓦と比べると、どうしても変色が目立ってしまいます。

カラーベストの場合だと、
10~15年前後一度塗装。
20~25年で
葺き替え工事が必要になってきます。

※塗装のタイミングを逃すと。

美観的に、まだ大丈夫と塗装工事を先延ばしにすると
カラーベストの素材自体の劣化が進み、
塗りなおしても、塗料が上手く圧着せず、
すぐに剥がれてしまうことがあります。

最近の業者さんは、5年保証を付けてくれる事もありますが
15年を過ぎた頃から、塗装工事を受けない業者さんが
多くなってきます。
20年、未塗装なら、葺き替えか重ね葺きです。

塗装の遅れは、ルーフィングの破れなど、
防水に関連する部分の劣化が進むため、
家全体の寿命に大きな影響を及ぼします。


屋根材がカラーベストの場合は、
葺き替えるより、鋼板屋根材で重ね葺きをする方法もあります。
また、屋根のリフォームに合わせて、鋼板屋根材一体型バネルで
太陽光発電システムを搭載することも出来ます。

⇒ パネイル 太陽光発電一括見積り(住宅用)

⇒ 外壁塗装の駆け込み寺

⇒ 外壁塗装の窓口